search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

acccess





free counters

 DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト




蛍光レッド増殖中

 地味に作業しています。

 武御雷TYPE-00R。

 まあちまちまやるしかないのですよ。

 そして、蛍光色の一番注意しなくちゃいけないのは下地。

 サフは必須だねえ。

 発色が全然違う。



 左はつや消しブラックの上に蛍光レッド。

 右はつや消しブラックの上にサフ、その上に蛍光レッド。

 発色が全然違うねえー。

 やはりサフは命です。

 塗料にも寄るけど、クレオスの塗料は水っぽいものもあるから、素地に載ってくれないのもあるからなあ。

 で、ペタペタ作業する。



 指先や頭部センサーも塗ってみた。

 粉砕紫武御雷はここまでしなかったからねえ。

 因みに、新造紫武御雷作るに当たって、粉砕の方もモデファイがんばってます。

 朱色の部分はどうしようもないので、塗っていない部分を重点的に。

 指先も結構大変なのよ。

 限定の赤武御雷と、初回版の黄色武御雷は頑張って塗ったなあ。

 まあ、黄色は赤にオールペンしたけどね。

 私、TE設定関係ないもん。



 膝もこんな感じ。

 ちなみに、膝と二の腕、クリアパーツはアサヒペンで、残りはクレオス。

 若干発色違うけど、いいのよボォーっと光っていれば。



JUGEMテーマ:日記・一般



ブレードマウント&ガンマウント

 今回は無駄にディテール上げてみようと思いまして、今回はガンマウント&ブレードマウントの内部塗装もチャレンジ。

 まあ、マニュアルには

ニュートラルグレー

 としか書いていないので、不知火の調色で飼ったニュートラルグレーを使用。

 だが、ニュートラルグレーが水っぽくてね。紫にも水色にも乗らない。

 なので、いろいろやりました。

 白を塗ってみたり。

 近似色(?)の軍艦色も水っぽくてね。

 試しにホワイト塗ってみた。

 ちなみにホワイトは堅すぎるんだけどもねうちのは。

 いろいろチャレンジしたが、結局白サフに落ち着いた。

 サフも水っぽいんだけどもね。

 ガンガンこねたよ。

 なんとか使えるくらいに。

 サフ塗りなんてまずしないのにね。



 塗った塗った。

 頑張ったよパトラッシュ。



 塗った塗った。

 にしても、サフ塗ったら色乗るね。

 白くなっていない場所にも色が乗るわ。

 やっぱ、白いだけがサフじゃないわ。

 グレーサフってのもあるけど。(そういう意味じゃない)



JUGEMテーマ:日記・一般



蛍光レッド

 実は現在、2台目の武御雷 TYPE-00Rを作っているんですよ。

 何故かというと、1台目が不運にも大破したからなんですよね。

 不幸なことに、完成していた武御雷を



 イエローサブマリンのモデルカバーに入れて飾っていたところ、突風で吹き飛んで…(汗)

 パーツはどこかいくわ、触角は折れるわでさんだんです。(涙)

 なんで、今回新しく作ることに。

 前回は、発光部分は朱色にしたのですが、今回は、アサヒペンの蛍光レッド使ってみました。

 いやー、いいね。

 何がいいねって?



 見よこの発色。

 ちゃんと下地にも専用のサフ吹いたんだからね!

 いい色だわな〜。

 もっと赤々しいほうがいいんだけども、これでも満足だよ。

 で、この蛍光レッドで今新造中。

 大破した方も、補修出来る範囲で補修しています。

 まあ、触角折れてるので、やるとしたら桜花作戦仕様しか選択肢ないですがね。

 血糊、大変そうだなぁ。



JUGEMテーマ:日記・一般



figma×コトブキヤ?

 武御雷 TYPE-00Fに付属してきたフライング3を見て、よからぬ事を思い出し部品捜索。

 なにを探したかというと、figmaに付属してきたスタンド。

 ブキヤのキットの穴と、figmaスタンドの突起が合いそうな予感がして…

 で、合わせてみた。



 ドンピシャ。(爆)

 えー、まじかー?



 これ買ってきたんだぞー。(笑)

 まあ、これを股間に設置したら股間ジョイントが簡単にポロリするし、先日購入したモデルカバー+ソーラー回転台のコンボが使えなくなるという事が判明したので、買うんなら白にすべきだったと後悔。(苦)

 でも、ゴミ同然だったfigmaのスタンドが使えるという事実がわかったので、月詠機用にもう1個欲しくなった。

 送料入れて¥1000-以内でfigma買うかな?

JUGEMテーマ:日記・一般



肩クリアパーツ圧入

 すっかり忘れていた肩のクリアパーツ圧入、前掛けパーツの補修と合わせて組み込むことに。

 ニッペの朱色が結構厚塗りされたおかげで、本来指のみで入るはずのパーツがまったく入らず、プライヤーで圧入する羽目に。

 で、ちょいと力をかけすぎた結果、







 パーツを押し上げてしまいました。

 イヤァ、マイッタマイッタ。

 放置するわけにもいかないので、水性ホビーカラーの紫で塗ることに。

 まあ、自己満足キットですのでそこに色が塗られていようがいまいが、そんなの関係ねー。(懐)

 ついでに色々とタッチアップしました。

 あと、破損している左肩のボールジョイントはまた破損。

 ダメだなー、このジョイントは。

 あとは、部分的な墨入れとかがあるくらいかな?

 太ももの墨入れが完了したら、接着してやらんとなー。

JUGEMテーマ:日記・一般



跳躍ユニットにメタルパーツ風塗装。

 天気も良くなり、徐々に気温も上がってきたので部分的にスプレー作業再開。

 というわけで、いつまでも終わりそうにない武御雷 TYPE-00Rの跳躍ニットの唯一組み付けていなかったパーツを塗装。



 使用したのはアサヒペンのメッキ調スプレー シルバー

 もうね〜、ビバ アサヒペンよ。(爆)

 除雪の合間にプシュプシュ吹いて、サクっと乾燥。

 ポロリの多いキットでしたが、このパーツはカチっと嵌りました。

 これで、外装は全て組み込んだな〜。

 と思ったけども、両肩の朱色パーツまだだった。(汗)

JUGEMテーマ:日記・一般



こういうところだって塗るさ



 跳躍ユニットの先端の別パーツ部分。

 一応、A3でもホビージャパン誌上でも塗り分けられているので、それに則って塗ってみた。

 使用したのはクレオスの艶消しブラック。

JUGEMテーマ:日記・一般



塗料対決 タミヤ VS クレオス

 小ネタ程度に。

 タミヤとクレオスの紫の違いを検証してみた。

 タミヤの紫は結構昔に買った大瓶のもの。クレオスは今年。



 左がタミヤ、右がクレオス。

 ん〜、よくわからん。(笑)

 敷いて言えば、タミヤは水ぽい。

 で、思ったこと。

 最初から、クレオスのスプレー沢山買っておけばよかったなぁということ。(苦)

 水性塗料と比較するのもどうかとは思いますが、かなり、納得いく色合いなので。

JUGEMテーマ:日記・一般



アサヒペンの偉大さを改めて実感

 昨日ですが、あまりに進行しないコトブキヤ製武御雷TYPE-00Rのバーニア部分に業を煮やして、このキットのために購入したアサヒペン製のメッキ調スプレー(ゴールド)の試し吹きを行いました。

 するとどうでしょう。アサヒペンのスプレーって、気温差に関係なくきちんと噴霧&塗布することができました。

 外気温が確実にマイナスで、それなりの湿度の高い日だったのに。

 というわけで、バーニア部分を塗装することにします。



 ぷすっとこんな感じです。

 使用したのは、アサヒペン メッキ調スプレー ゴールドです。

 以前からクロームをYZF-R1などに使用していたのですが、今回ゴールドを初めて購入。

 まあ、何故バーニアにゴールドを選んだ買って言うのは、A3の武御雷TYPE-00Rを見ながらの直感ですけどね。(爆)

 ホビージャパンの作例だとバーニア先端部のみがゴールド調ベースで、それ以外がシルバー調でしたが、自分はあえてA3の色合いを自分なりに再現してみることに。

 最初はホールドの塗料で済ませようと思いましたが、せっかくなんだからメッキ調で試してみようと思い購入。

 このスプレー、それなりの額ですけどね。

 まあ、成功したからいいさ。

 今後、こいつは金メッキパーツの補修に使おう。

 第一弾として、HGウイングゼロだな。

 で、A3に則ってクリアー塗料を塗ってみた。



 バーニア先端部はクリアーオレンジ。上の部分はクリアーグリーンを塗布。

 最初、クリアーブルーを塗布しようと思いましたが、試し塗り(外周ランナー参照)であまりにも色が違う&何故かブルーだけ色の乗りが悪い(笑)ので、近似色であろうグリーンを選択。

 ちなみに、使用したのはクレオスの水性塗料です。

 筆塗りは難しですね、特にクリア系は。ムラが出来るし。

JUGEMテーマ:日記・一般



素組みーな、たけみー

 ここまで来るのに時間掛かった。

 色がわからんとか、塗料が揃わないとか、ニッペの塗料で苦労したりとか、中途半端な墨入れしたりとか…

 で、一応、



 素組みな武御雷はできた。

 とりあえずは本体のみ。跳躍ユニットやガンマウント、兵装はとりあえずパス。

 それにしても、だ。

 初コトブキヤのプラモ製作しましたが、脆すぎる!

 ポロリは余裕であるし、填め込みパーツはギッチギチで押し込むのに苦労するし。

 まあ、塗装品、未塗装品の差はありますが、A3の色とは似て非なる…似てもないし。

 若干明るい色になるけども、アサヒペンのラッカー紫が近似色に見えて仕方がない。(笑)

 ウン、間違いなくバラして全塗だな…

 …ばらせない、填め込みパーツ救出出来ないし。(涙)

 あうあうあ…

 …

 予備、作っちゃうかな?(爆)

JUGEMテーマ:日記・一般



| 1/2PAGES | >>