search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

acccess





free counters

 DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト




AQUOS PAD SH-08EでEasy Tether Lite(no root)を使ってみた

 最近思うことがありましてなあ。

 いままで車載では、LGのL-04Dを使い、それにOCNのSIMを差して使用していました。

 ただ、このL-04Dというのは、低速回線(3G)に切り替わった場合、通信状態だとLTE(4G)に自動回帰してこないんです。

 回帰させるには通信を止めるか、一度L-04Dの電源を落とすしかなく、非常に腹立つほど使い勝手が悪いのです。

 特に運転中なんて、イライラ以外の何ものでもないんですよねえ。

 なので、MVNOでテザリングを使う方法を色々と模索しているわけです。

 まあ、そんな中で一番役立っているのが、メインで使っているSH90Bなんですがね。

 ただメイン端末である以上、テザリングオンオフを繰り返すと本体負荷がかかり、挙動が安定しないわけです。

 まー、2年使い終えればいいわけですが、まだまだかかります。

 で、身の回りのスマフォ類をほとんどシャープ製品で纏めている私としては、どうしても格安SIM+AQUOS系端末で固めたいんですよ。

 その為に、お買い得なAQUOS PAD SH-08Eをもう1枚かったわけですから。(爆)

 ほんとはねえ。Z37LTEがちゃんとSIMカードを認識して、常時4G接続してくれればいいのに。

 というわけで色々調べてます。

 ですが、AQUOS系はroot取っても絶望的というのはどこの世界にも書いていることでして…

 ほんと、頭が痛いです。

 そんな中で見つけたのが、USBテザリング。

 まあ、私の中では何かが違うとしか言いようがないんですが…できるのだろうか?と思い、トライダグオン。

 まずはGoogle Playから、Easy Tether Liteをダウンロード。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mstream.easytether_beta&hl=ja

 AQUOS PAD SH-08Eに直で入れるのではなく、試しにrootを取った(一応)AQUOS PHONE ZETA SH-09Dにインスコ。

 導入に当たって参考にしたサイトは下記URLの通り。

http://pasokatsu.seesaa.net/article/384965857.html

 あとは、サイトに書いているとおりの導入。

 当然ながらUSBデバッグもできているので、楽と言えば楽。

 で、今回接続してみたのは、Z37LTEではなく、部屋にあるマウスの一体PC LM-ONE524B22M。

 使用したケーブルは、auで売っている純正ケーブル。

 ちなみに、LM-ONE524B22MにはADBもSHARPのドライバーもインスコはしていない。

 OSは、Win7 Home。

 サイトの説明通りにアプリを入れ、Nextを何度か押し、USBデバッグを有効にし、SH-09Dの設定は完了。

 続いてPC側の設定。

 指定されたサイトからドライバをダウンロードしてインスコ。

 あとはPCとSH-09Dを接続して、PCのタスクにあるEasy Tetherのアイコンを右クリックした。

 すると、アンテナピクトに通信をしている白い三角の表示。

 接続状態を確認するために、確認くんに接続してみたら、IPv4がtokyo.ocn.ne.jpになっていた。

 すなわち、成功である。

 でまあ、ここまではあくまでもAQUOS PHONE ZETA SH-09D(root済み)での接続の確認。

 今度は、AQUOS PAD SH-08E(非root)での接続。使用しているのはBIGLOBE SIM。

 因みにSH-08Eはタブレット。Easy Tether Liteには、タブレット版もあるみたいだが、まずは(no root)をダウンロード。

 設定はSH-09Dと同じなので、淡々と進む。

 で、USBケーブルにてPCと接続し、アンテナピクトの変化も確認。

 すると、IPv4がtky.mesh.ad.jpに。

 有線とは違う場所に繋がっているのですが、一応確認したらBIGLOBEだったので、成功です。

 なるほど、USBテザリングは大丈夫なのか。

 SSL通信ができないという注意書きがあったのですが、まあいいでしょう。

 但し、ここでひとつ注意。

 端末がWi-Fiを拾っている状態では、確認くんでチェックしても有線のほうになってました。

 まあ、屋外使用なわけだから、使用中にこれで躓くことはないと思うので、大丈夫か。

 もひとつ。

 SH-09Dはroot済みだったのでEasy Tether Lite(w/o root)ってのを使ったのですが、これは使えなかった。

 まー、w/o rootの意味がわかっていないので、(no root)の使用をお勧めします。



 2年経ったら、これかなー。

JUGEMテーマ:日記・一般



AQUOS PAD SH-08E と、SIM変換アダプタ

 あれ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが。

 買ってしまいました。



 AQUOS PAD SH-08E

 なんの為に、年始にSHT21を買ったんだって言われますね…

 まあ、SIMカードが1枚余ってるっていうのも理由だし、なんせMVNOでroot取らなくてもテザリング出来る優秀なUQ mobile SIMの入ったSHT21を車に積みっぱなしにしておきたいので、そうなると、単独通信の出来るタブレットが欲しいわけでね。

 でも、SIM差せる10インチ級のdocomoタブレットは、もうARROWSとGALAXYしかないわけでして。

 d-tabなんて論外です。(笑)

 本当はね、10インチが欲しかったわけですが、まあ10インチはMotorola XOOM Wi-Fi TBi11Mも手元にあるし、買うなら7インチだなって思ってましたからね。

 7インチタブ、買うならAQUOSだと決めていたのでね。

 なので、買うとしたらSH-08Eか、SH-06F。

 SH-06Fは現行モデルですから、タマは少ないし高い。

 で、ちょうど楽天のポイントが5桁ほどあったので、買うとなれば楽天経由でさあしてたわけです。

 タマはあるのですが、廉価帯の商品のほとんどが付属品がつかない、本体のみ。

 お高くなると2万終盤。

 ヤフオクだと、ネットワーク利用判定△で付属品がなくても2万に足掛ける物件ばかり。

 悩んで悩んで、結構日数経ってたときに、ソフマップがやってくれたんです。

 クレードル付きの物件。

 ただ、ソフマップは原則として箱なしと書いていたので。

 まあ、いっかと思い、安い方を買おうとしました。

 そこで思いとどまって正解だった。安い方は、画面に若干焼けがある、と。

 それならば1000円ほど高い物件のほうがいいじゃん、ということで。

 やー、危なかった。



 届いてびっくり。

 箱付き!!

 原則として箱は付属しませんって書いてたのに。やったね多恵ちゃん。



 SHT21と、SH-08Eの比較。

 ほぼ同サイズ。モデルとしては、SHT21のほうが1年前のモデルで、OSはSHT21のほうが4.1で、SH-08Eが4.2。

 SHT21の後継モデル、SHT22とSH-08Eなら同世代なんですがね。

 で、このSH-08Eに、



 現在使用していない、BIGLOBE契約のdocomo nano SIMを差し込みます。

 ここで注意したいのは、SH-08EはMicro SIMということ。

 当然ながら、nano SIMなのでこのままでは使用ができません。

 そこで登場するのが、



 BIGLOBEと契約してから購入した、SIM変換アダプター。



 nano SIMを、Micro SIMに変換するだけですがね。



 あとは、モバイルネットワークからAPNの設定を変更して、はい終了。

 蹴られるかな−?と思ってましたが、変換アダプタも問題無く使えるので、複数SIM契約したり、MVNO契約の時は、今後のことも視野に入れてワンサイズ小さいSIMを契約するといいと思いますね。

 

JUGEMテーマ:日記・一般



| 1/1PAGES |