search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

acccess





free counters

 DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト




AQUOS PAD SH-05Gで、ポケモンGOが起動しなくなった

 少し前のお話。

 2月末のポケモンGOの強制アップデート後、AQUOS PAD SH-05G(Android5.0.1、以下SH-05G)にて、ナイアンテックの起動ロゴ以降、ポケモンGOがウンともスンともならない状況が発生。

 まあ、以前Android4.4機でも同様の事例が発生し、その後起動したこともあったのですが、なにせSH-05Gはメインタブレットなので、起動して貰わないと非常に困るわけでして…

 で、暫くはPlayストアを確認したり、ポケモンGOを起動して見たりしましたが改善なし、更新なし

。  その後アップデートがあったものの、依然として起動しない。

 起動しないのにアップデートしなきゃあかんのかよ…

 まあ、ながら諦めもあったわけでありまして、代替タブレットを買ったんですよ…

 Qua tab QZ10 KYT33っていうやつですけどもね。(爆)

 

 

 左:Qua tab QZ10 KYT33(以下、KYT33)

 右:Qua tab QZ8 KYT32(以下、KYT32)

 

 いやあ、デカいデカい。10インチタブレットってこんなにデカいんですねえ。

 って、毎日mouse computerのAT-Z37LTEに触れている筈なのにねえ。

 これでも迷ったんですよ?もう1枚KYT32を買おうか、d-tabにしようか、その他の8インチSIMフリーにしようかをね。

 ちょうど端末捜索していたときに、KYT32のSIMロック解除品が出回っていたので、それに目を付けていた矢先、SIMロック解除されたKYT33が売られたので、暫く葛藤。

 KYT32を買い増しするか、10インチのKYT33を買うか、それ以外にするか…

 で、結局はKYT33に。

 SIMロック解除済み、であっても、キャリアが変更できるわけでもなく、au系SIMでないと通信ができない、というのは、KYT33が手元に届いてからの後日談。

 SIMロック解除は、あくまでも端末対応のキャリアが使えるようになるだけということであって、キャリアの垣根を越えることはまだ不可能ということ。

 ドコモ・SBはドコモ・SB、auはauということなんですね。キャリアの壁をなくすとかいう総務省の思惑は、まだまだ実現しそうにない2019年初頭。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般


正月早々、タブレットがLTEに接続出来なくなった

 2018年の年末に手元のSIMカードの契約を見直して、大幅に解約・入れ替えを行ったわけですが、新年早々お出かけするのにそれらをスカッと忘れて旅先でテザリングをバンバン使ってたアホが、どうも僕です。

 さて、月末締めでBIGLOBEを3回線(旧契約でスタンダードプランにシェアSIM2枚→¥3590-)解約したわけですが、旅先で契約中のイオンモバイルにSIMカードを差し替えれば大丈夫と思っていたのに忘れてたので、帰宅後にSIMカードの差し替え。

 この差し替える端末、AQUOS PAD SH-06FとAQUOS PAD SH-05G(いずれもポケモン専用機)では、以前イオンモバイルのSIMを挿していた時期もあったので、APNは入力済み。

 切り替えれば即使える〜、と思っていたのに、何故かアンテナピクトにLTE表記が出てこない。

 APNが変更になった?と重い、イオンモバイルのホームページを見ると、タイプ1とタイプ2で設定が違うとか、私が契約したときはそんなのないがなー状態。

 2016年9月以前の契約〜とかも、覚えてないがな。

 というわけで、1/1にイオンモバイルに電話。

 だがしかし、無料サポートは10:30〜19:30までとか、既に時間外。

 で、翌日に再度電話。

 10:30ってのが、中途半端ですよねぇ。

 で、かくかくしかじか症状を伝えての結論。

MVNOの種類

 これを変更しろとのこと。



 いままでこんなの変更したことないがなー。

 で、これを変更したらちゃんと表示が出ました。

 ちなみに、ここの変更はイオンモバイルのホームページには記載なし。(2019/01/02時点)

 そもそも、一番上の「None」(デフォルト)は、SAMSUNG端末とかの設定と言われた。

 それ以外は「SPN」でいいらしい。

 で、この「MVNOの種類」とはなんぞや?というのはググれば出てくるので、転載扱いされるので割愛。

 ザックリ言うと、その下にある「MVNOの値」というのを固定する項目みたいです。

 んー、GALAXYとその他でこれを変更するしないで、ドコモから蹴られるの?って思うですけどもね。

 ちなみに、この「MVNOの種類」を「None」に戻してみると、



 「MVNOの値」がグレーになり、変更することが不可能に。

 ちなみに、「MVNOの種類」を「SPN」にして変更可能な状態で触って見ましたが、とくにプルダウン形式で選べるわけでもなく、名前を変更する程度みたいでした。

 んー、わけがわからない。

 まあこれれで、2019年もポケモンで遊べるわけです。

 ちなみに、BIGLOBEの旧契約で3.5k/月(10GB)が、1k(2回線)/月(1GB)になったわけです。

 魅力はBIGLOBEの+¥200-でシャアSIMできるやつなのですが、2台分の契約手数料は大きいですよ。

 まあ、SH-06F(Android4.4)もSH-05G(Android5.1)もいずれはポケモンの動作サポート対象外になるので、そのうち端末入れ替えた時点でまた契約の見直しに迫られるでしょうけどもね。

メインのスマフォと、Qua tab QZ8 KYT32はmineoにしましたけどもね。

| 1/1PAGES |