search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

acccess





free counters

 DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト




農作業する時は完全武装を

 えー、土曜日曜と農業をしたわけで。

 色々な教訓を得てきました。

 まずは、

・防寒対策

 自分の場合は土方が身にしみているので、多少の寒さは作業服+ツナギでカバーできるのですけどね。

 外仕事したことない人ってペラペラのヤッケだけでなんとかなると思っているんだもんなあ。

 しかもヤッケだから防水じゃないし。

・水濡れ対策

 苗箱は混んだり運んだ苗に水かけたり苗箱に水かけたりすると、どうしても水路に足入れたり濡れた物を持ち上げたりするわけですが。

 濡れまいと思っている時に限って濡れるんですよね。

 持ち上げれば下腹の辺りが泥だらけに、水路に入れば膝株辺りがずぶ濡れに。

 多少天気が良くても、カッパズボンくらいは儚いとダメですね。

 当然ながら、カッパズボンは長靴インではなくアウトですよ。

・日差し対策。

 これ、最重要。

 土方の時は常時ヘルメットだったので気にもしなかったわけですが。

 天気の良かった日曜は終始日差しを浴び続けた結果…

 頭皮が日焼け。(汗)

 薄毛の宿命ですよ、文句あっか?(怒)

 しかも最悪なことに、水ぶくれのかさぶたが頭部の至る所に…

 汗かいているわけでもないのに、黄色く着色された体液がツツーっと流れてきたり。

 シャンプーすれば何とかなるだろうとも思ったわけですが、ゴシゴシすればかさぶたは取れても傷口が完全に閉塞できず更に悪化したし。

 極力泡洗いして毛髪に固着した体液・かさぶたを流して落とすような方法で、現状では問題なし。

 でも、横になって目が覚めたときにどうなってるかなんだよなあ、問題は。

 昨日は枕の上に白いタオルを置いて寝たわけですが結構、結構な量が染みてたな。たぶん、滴ったのと枕に頭を載せることで頭皮が伸びきった事によって傷口が開いたのも原因なんでしょうね、たぶん。

 はぁ、あと何日で治るのやら。

JUGEMテーマ:日記・一般



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック